キッチンのトラブル

シンク下から水漏れ

2017年03月29日 15時26分

蛇口から水漏れをしていなくても、シンク下の扉から水漏れしていて床が水浸しになっていることもあります。
この場合考えられる原因は、蛇口と給水管の接続部分の部品の緩みや劣化、パッキンの劣化、止水栓の部品の緩みや劣化、
給水管から給水される水量が多いという可能性が考えられます。
まずは各接続部分の緩みを確認し、締めても改善されない場合は給水管から給水される水の量を調節してみましょう。
改善されなければ、劣化している部品を交換しましょう。
また、シンクと接続されている排水トラップのパッキンが劣化していてヒビが入っている場合や、
排水トラップと排水管を繋いでいる排水パイプに亀裂が入っている、接続部分のナットの緩み、パッキンの劣化の可能性もあります。
この水漏れの場合、排水が漏れ出すため、綺麗な水ではなく、洗剤などを使った後の泡が混ざっている水の場合が多いです。
そのため、給水管側に原因があるのか排水管側に原因があるのかは、臭いと水の質をチェックすれば、判断は早いでしょう。
排水管側が原因の場合も、給水管の場合と同様、部品の締め直し、劣化している部品の交換をしましょう。